北海道の夏は、一気にきます。花は咲き、木々は一斉に緑の葉をつけます。

しかしながら、近年の夏は、異常ともいえる暑さが続いています。

 

確か、セザンヌは毎日、野外スケッチに出かけ、雨にあたり体調を崩して亡くなりました。

それほど、彼を夢中にさせたのは、自然の混沌から、構築性を見つけ出すことだったのでしょう。

 

セザンヌのアトリエのあった、南仏、エクサン プロバンスに行ってみたいですね。

サント・ヴィクトワール山を見てみたいものです。

この岩山は、セザンヌの絵の構築性感じさせる鋭さがあります。

 

近くに、小さな橋があり、天気も良かったのでスケッチしてきました。

 

緑と赤い橋のコントラストがいいと思います。

 

ここは、茨戸川緑地といいます。

 

つい先日、クマが目撃されました。

その熊は、市内で、4名を襲い負傷させ

そのあと駆除されたクマのようです。

 

周りに気を付けながらスケッチをしました。

 

線はマッキー

絵具はホルベインの透明水彩です。

前は、水に溶けるステッドラーの色鉛筆を使っていましたが、

やはり、発色があまり好みではなく。少し粉っぽい感じがしました。

イラスト素材【PIXTA】

pickup
おすすめの記事