テーマとしての家族

母子像はよく取り上げられるテーマです。

やはり、何か根本的なものがあるのでしょう。

 

それに比べて、父子像はあまり見ません。

 

ルオーの小さな家族という絵に感動して、しばらく立ちすくんだことがりました。

愛情とかというものでなく、何かのつながり、必然的な遺伝子、魂が綿々とつながる間隔でしょうか。

人類が、生き残ってきた大きな要因です。

 

シーレの家族の肖像も何かを感じさせる何かがあります。

複雑に絡んでいるところがなにかを感じさせます。

 

しかしながら、これを絵にすると何やら、家族の集合写真

ポートレート風になり、私的なものとして終わってしまう可能性があります。

 

普遍的なテーマとしての絵にするためには、

私的な何かを超えた普遍性に目を向けなければなりません

そこが難しいところです。

 

pickup
おすすめの記事