コーデー・ベルゲン美術館でのムンクの思い出。④

ベルゲンにあるこの美術館は

とってもフレンドリー

オスロの

ムンク美術館は

警備が厳しすぎるので

まるで、空港のように荷物のX線検査があります。

地下に、ロッカーがあるのですが、このロッカーのカギが

トラブルが多く、困っている人を見たし、

自分もまた、開けれなくなって、受付の人に頼んで開けてもらいました。

この女性のたっぷりしたボリュームは、女性らしらを強調して感じます。

 

たまに、吸血鬼としても登場します。

 

この目の表現は、何やら複雑な感情

あきらめ

同情

アンニュイ

哀れみ

いろいろあります。

 

 

 

 

この絵は、よく画集に載っています。

メランコリーな男は、

遠くに見える男女に嫉妬しています。

この悩みは、世界中皆が感じる

世界中のテーマでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この家は、北欧の建物です。

このシンプルな絵は、

緑のマッスが的確で

このボリュームにドキドキしますね。

この女性のスカートは白ではっきりしてますが、

上半身は黒で隠されています。

謎で、ミステリアスです。

なにかが起きそうでドキドキします。

pickup
おすすめの記事